PPAテスト、営業トレーニング、エグゼクティブ・コーチングの株式会社 モンテック

お電話での
お問い合わせ
03-6894-7516
受付:8:30~18:00(土日祝除く)
コーチングについて

コーチングについて

コーチの由来

コーチとは、“四輪馬車”を意味し、初めて馬車で作られたハンガリーの村KOCSに因んで命名されました。
15世紀から英語でコーチ(Coach)と呼ばれるようになり、フランス語ではCOCHE(16世紀)、ドイツ語ではKOCS、ハンガリー語ではKOCSI(sZeker)、1886年にはUSで鉄道の意として使われ、1949年からは“経済的な旅のクラス”コーチとしても使われています。

近年、コーチングとは、クライアントがビジネスや人生で、達成したいと望んでいるゴールに到達できるように適切なアドバイスを提供、また大切なクライアントを目的地まで送り届けることを意味します。

コーチングとは?

コーチングとは・・・「デモンストレーションと実践の指導による集中的なトレーニング」by LRH

コーチングとは、相手が目標を達成するために、必要な知識やツールを備えさせ、最短の時間で成果が上がるように、継続的にサポートしていく双方向のコミュニケーションです。
急激に変化するビジネス環境。今求められているのは、「自ら思考し、自ら行動できる人材」です。

そんな中、ビジネス界で注目を浴びているのが「コーチング」です。

コーチの役割は?

コーチの大きな役割の1つに、クライアントが自分の力で精神面をコントロールし、自分の目標(ゴール)達成に解決されなければならない課題を、[解決すると自分で決める]ことができるように導くことです。

クライアントはコーチからの適切な質問に回答していく段階で、そのクライアントの意識や視点が徐々に変化していきます。問題は明確化していき、決断ができるようになり、最後には自分で問題を解決できるようになります。

何よりも、クライアントが自分に自信を持ち始めることで、心身共に元気になり、行動を起こす意欲が湧いてくることでしょう。これらを繰り返し行うことがコーチの役割です。

また、コーチはクライアントが目標達成をするために必要となるスキルや知識を持ちそれを使い、クライアントを目標(ゴール)へと導きます。

コーチングの領域

コーチングの領域図

コーチの大きな役割の1つに、クライアントが自分の力で精神面をコントロールし、自分の目標(ゴール)達成に解決されなければならない課題を、[解決すると自分で決める]ことができるように導くことです。

上記は、コーチングと、他の分野(コンサルティングや精神医療)との違いを示したポートフォリオです。
モンテックが目指すのは、黄土色で塗られたコーチングの分野です。

コンサルティングとコーチングの相違

コンサルティングとコーチングは同じではありません。
こちらではコンサルティングとコーチングの違いについて説明いたします。

コーチは人材開発者

コンサルタントはクライアントに、どのように問題の解決策を見つけるかアドバイスをする。それに対し、コーチはクライアントに自分の問題への解決策を見付けられるよう支援する。コーチは人材開発者です。

結果を得るために人にフォーカス

コンサルタントは結果への直結を求め、収益性を重んじる。
それに対しコーチは、人にフォーカスし、結果を得られる能力のリハビリに注力する。

クライアントを元気にする

コンサルタントは、はっきりとした成果を生み出すために採用される。
それに対し、コーチは支援しているクライアントが元気になり、彼ら自身ではっきりとした成果が生み出せるよう支援するために採用される。

クライアントの人生を幸せにする

コンサルタントは、クライアントが職場で成功することを支援する。
これに対しコーチは、クライアントが仕事と人生で成功し幸せになることを支援する。

エグゼクティブ・コーチング

企業のトップ・エグゼクティブ及びマネージメント向けコーチングについて説明いたします。

企業の経営者層の方を対象とするコーチングです。
ビジネスや組織上の課題に対し、より優れた取り組みができるようにするためのリーダーシップ技術を向上させるもの、また獲得するものです。

エグゼクティブ・コーチングは、より迅速に上級のリーダーシップとパフォーマンスのギャップを埋めるために使われ、これによりマネージメントは、新たな課題により良く対処することが可能となります。

ライフ・コーチング

個人のクライアントが、自分の人生でのゴールを達成できるよう、また自分のゴールが決定できるよう支援することを目的とします。

コーチはしばしば、先入観のない客観的な物の見方を共有することにより、クライアントの鏡(人間ですが)の様な役割を務めます。
コーチはクライアントが、人生でのゴールに向かう為に必要な能力を得られるよう、優れた洞察力とその方法を伝授します。

コーチングへのきっかけ トップ5

経営者

1位 セールス、営業スキルの欠如
2位 キャッシュフローの問題
3位 優れた商品がない
4位 後継者問題
5位 品質の欠如

個人

1位 対人関係(知人、同僚)
2位 集中力がない
3位 仕事と人生のバランスがとれない
4位 タイム・マネジメントが出来ない
5位 ここぞという時にチャンスを逃す